オアシス館

ホーム > オアシス館
#

イベント情報

さぁ、始めましょ! 着 付 教 室 【2017年12月5日(火)~12月19日(火)】

オアシス館の誕生

オアシス館の外観当オアシス館は、神召キリスト教会に隣接するお店を買収したことに始まります。会堂が古くなった神召教会にとって、将来の改築計画には不可欠の場所と考え皆さんの協力のもと買収を決意しました。そこを改修して当面教会活動に利用させていただいております。

店舗兼住宅であった建物は、不整形ではありますが1階部分を若干改修することによりギャラリーあるいは小さな集会室になります。

そこで教会では、ここを「オアシス館」と名付け、文字通り地域の皆様の安らぎの場所になるよう活用計画を進めています。

オアシス館の働き

私たちはこのオアシス館の建物が与えられた時にその名称を「オアシス館」と決めました。それは文字通り、この建物が地域の皆様の心のオアシスになれればいいなと言う願望をこめてのことです。砂漠の中に忽然と現れた、水と緑の豊かなオアシスは砂漠を旅する旅人にとってまさに心身ともに休まる潤いのある憩いの場所であります。

この世知辛い、とげとげした世の中に生かされている私たちは、まさにこの人生砂漠の中を旅する旅人のような者かもしれません。熱風吹きすさび、じりじり照りつける太陽の下、道もなく周囲に砂の山しか見えない砂漠の中をとぼとぼと歩いて行かなければならない歩みは、様々な障害や軋轢の中、必死でそれを耐えながら真剣に自分の人生の道を辿らなければならない私たちの歩みに重なって見えてきます。そのような人生にオアシスは絶対に必要なものだと思います。

私たちの人生に不可欠なオアシス、多くの現代人はこのオアシスを見失っているように思えます。日々慌ただしく、あくせくと追われるように過ごしている人生に、ほっと一息つけるような心の休み場、憩いの場をぜひ一人一人が見つけてほしいものだと思います。

私たちのオアシス館も、現代の都会に住む人々の安らぎの場“オアシス”になれればと願っています。まだ明確なプログラムはもっていませんが、時折展示会やお花、ステンドなどの教室を開いています。また古切手やエコキャップなどを再活用してワクチンなど医薬品購入の原資にして東南アジアの子どもたちの支援活動の一助になればと願い、使用済みのものを持ってお立ち寄り頂いています。そのほか何がなくても、おしゃべりに立ち寄って頂くだけでも大歓迎です。どうぞあなたのオアシスとしてご活用ください。



最近の行事


聖句書道展

ステンドグラス展

渡辺総一絵画作品展



不用品回収

1.使用済み切手・書き損じはがき・外国コイン等の回収

国内にはアジアやアフリカ等の諸国の医療や教育に支援活動を行っているNPO等の各種団体が存在しています。

回収された不用品は売却され、それらの団体の活動費の一部に充られ、医療品や教材・図書の購入費、医師等の派遣費用に用いられています。

2.古書の回収

区内にある社会福祉法人(特別支援学校を卒業した生徒たちの就業活動を行っている)の活動の一環として、それらの方々が図書を回収し、書店に売却する作業のお手伝いをしています。

3.エコキャップ(ペットボトルのキャップ)

プラスチック製のペットボトルのキャップは、焼却すると大量のCO2を排出するので地球温暖化防止の一環としてそれを焼却せず資源として再利用する企業に提供しています。併せて、その売却費用はワクチン購入費用に充てられ、海外支援に用いられています。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  エコキャップ 31万1,861個を越えました(2015/11/18)
皆様がこのオアシス館にお持ち下さいましたエコキャップが累計で31万1千861個になりました  
  これは2,331.28KgのCOの発生を防いだことにもなります。
ご提供いただいたエコキャップは再生プラスチック原料として換金し、医療支援・ワクチン支援や障がい者支援、子どもたちへの環境教育等、様々な社会貢献活動にあてられています。
  ご協力ありがとうございます。皆様のご厚意を大切に致します。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

不用品等の送り先
1.使用済み切手:(社)日本キリスト教海外医療協力会(JOCS)

切手は収集家の協力で換金され、カンボジア、バングラデシュ、ネパール、パキスタン、タンザニアの5カ国に保健医療従事者を派遣することと、現地医療従事者奨学金支援に用いられています。

2.書き損じハガキ・未使用切手:特定非営利活動法人チャイルドジャパン

アジアを中心に、貧困の中で暮らす子どもの健やかな成長を目指した活動を続けている団体です。ハガキ等はその活動の一部に充てられています。

3.古書回収:社福法人ドリームヴィ(障がい者就労移行支援事業)

地元滝野川7丁目(板橋駅前)に所在。古書の回収・整理・査定を行いブックオフに売却しています。パンを製造販売しているスワンベーカリーと同一のグループです。売却代金はわずかですが、障がい者の賃金に充てられます。

4.エコキャップ: NPO法人エコキャップ推進協会
本来ですと焼却され、有害なCO2を発生させるプラスチックゴミを、再資源化しその益金をもって発展途上国の子どもたちにワクチンを贈る働きをしています。
このページのトップへ

日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団

神召キリスト教会

Copyright (C) Shinsho Church. All Rights Reserved.
〒114-0023 東京都北区滝野川 6-64-9
最寄り駅:JR板橋駅東口から3分/都営三田線新板橋駅から6分