未分類」カテゴリーアーカイブ

焼き場に立つ少年

いつどこで見たのか全く思い出せないのですが、私の脳裏に焼き付いて離れない一枚の写真がありました。どこかの平和祈念展で見たのだと思うのですが、一人の少年が背中に弟か妹か分からないが幼子を背負って直立している映像です。その少 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 |

言葉の大切さ

・先日大変ショッキングなタイトルの本を読みました。M・スコット・ペックの『平気でうそをつく人たち』と言う本で、虚偽と邪悪の心理学という副題が添えられていました。甚だ難解な書で、一回読んだだけでは理解しがたいところが多く残 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 |

考えることの大切さ

・21世紀になり、社会や世界の変化が一段と激しくなりまたスピードアップしてきたように感じます。それは高度に情報化が進んだことにもよるかと思いますが、いろいろな変化が加速化して来ているのは事実です。地球の片隅に起こった出来 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 |

忘れられたもう一つの世界遺産

・今回、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が世界遺産に登録されることになったということです。大変うれしい話だと思います。特にこれは、先に「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」として提出していた推薦書をいったん取り下 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 |

筆子その愛(滝乃川学園物語)

・このたび私どもの神召教会で映画(DVD)上映会を開催することにしました。その映画は「筆子その愛」というタイトルで、「石井十次」や「賀川豊彦」など日本社会福祉事業の先駆者たちを描いて、多くの感銘を与えてくれた山田火砂子監 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 |

死の陰の谷

・先般、旧約聖書の詩篇を読み直す機会を得ました。聖書の中でも全く趣の違うところで多くの方がこの詩篇の章句に慰めを見出し、また励ましを受けている箇所です。私自身いつも啓発を受け、慰めを受ける幸いなところが沢山あるのですが、 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 |

キング牧師50周年に思う

・新聞・テレビがM・キング牧師の暗殺50年を記念した行事がアメリカ各地で挙行されたという報道をしていました。彼は1968年4月4日に遊説活動中のテネシー州メンフィスで凶弾に倒れたのです。あれからもう50年前も経ったのか、 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 |

我々には夢がある(We have a dream)

・昨年秋、オランダを旅行した時のことです。アムステルダムの中心、新教会の前に差し掛かった時、教会の入り口や壁に大きなポスターが掲げられているのを発見しました。そのタイトルが「We have a dream」であり、そこに … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 |

「聴く耳ある者は聞くべし」

・先日の朝日新聞の「折々のことば」に興味深い言葉が記されていました。それは「音楽が音楽であるのは、それを音楽と受けとる耳があるからだ。」という、相倉久人氏の言葉でした。どんなに素晴らしい演奏でも、聞く側にその演奏を聴き分 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 |

心臓の破れた男

今年は、P・ブリューゲルの絵画「バベルの塔」が来日し、東京と大阪で大々的に展覧会が開かれました。この絵は、実に24年ぶりに来日したということで大きな反響を呼んでいるようです。私もこの絵を来日時に日本でもお目に掛かったし、 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 |